Windows11 その他のオプション表示を常時使用にする方法

Windows 11になってからWinodws 10とは違う感じの右クリックメニューになりました。

Windows11からの右クリックメニュー

しかしこの右クリックメニューではできないことがあったりして中々不便だったりします。

そんなときは、一番下のその他のオプション表示を選択すれば、WIndows 10の時のような旧式のメニューが表示されるのですが、こんなこと毎回やりたくないですよね。

そこで今回はWIndows 10の時のメニューを一発で表示させるための設定を紹介します。

まずWINキーとRキーをおして下記のウインドウを表示させ

名前のところに

regedit

と入力します。

すると

許可しますか? と聞かれるので はい を選択して

レジストリエディターが起動するので

上のアドレスバーのところに 

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID

を入力してエンターを押してください。

すると

こんな画面になると思うので

CLSIDを右クリックして新規→キー を押して

入力前
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}

上記のコードを入力します。

入力が完了したら、先ほど入力した「{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}」を選択した状態で、

右クリックして新規→キー をクリックして

InprocServer32

と入力します。

そうすると最終的には

こんな感じになると思います。

そしたら、再起動すれば以前の右クリックメニューが復活していると思います。

戻し方は、今回作成した {86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2} を削除して再起動すれば、もとに戻ります。