ts抜き チューナー ドロップ対策

2020年10月4日

  • アンテナ線の近くで電源コードを束ねないこと。(磁界が発生しノイズになる)
  • 内蔵カードリーダーは使わない。(外付けリーダーと違いマルチ録画するとスクランブル解除が追いつかない)
  • ノイズが発生する機器の近くに置かない。(冷蔵庫、洗濯機、蛍光灯などインバータが使われている製品や電子レンジなど)
  • プレックス(PLEX)製チューナーは高感度なので減衰器(6-10dB)を用いるといいかも。
  • pcleボード(チューナーカード)とATX電源をなるべく離すか、ノイズ対策シートを使う。
  • 分配器、分波器にノイズ対策シートを貼る。
  • EDCBでドロップする時はチャンネルを再スキャンし、https://www.maspro.co.jp/contact/bro/bro_ch.htmlを参考にして設定のサービス表示設定から自分の地域以外のchを非表示なり削除なりする。設定したらEDCBを再起動すれば反映されている。
  • pcケースの蓋を開けたままにしてみる。
  • チューナーカードとマザーボードとの接続がUSBならチューナー側とマザーボード側の両方にフェライトコアをつけてみる。
  • logicoolのunifyingをUSBポートに取り付けるとdropしなくなるらしい。(経験済み)

unifyingを取付けるとドロップしなくなる話

  • 転送ケーブルがねじれていると、ドロップする。