Python での関数の使い方

2020年7月20日

Pythonでの関数の作り方はdefを用いる

Pythonで関数の作りかた

def 関数名():
    実行する処理

作られた関数を呼び出す方法

関数名()

で呼び出す。

引数の使い方

引数とは

関数を呼び出す際に、関数に値を渡すことができる。

この値を引数という、その引数を用いると関数の中で値を利用することができるようになる。

関数に引数を渡せると、その値によって関数の処理を変えることができる。

引数の使い方

例 コード

関数名(引数):
    print(引数)
関数名('グー')
関数名('パー')

例 出力

グー
パー

引数は複数使うことができます。

関数名(引数1,引数2):
    print(引数)
関数名('グー','チョキ')
関数名('パー')

出力

グーチョキ
パー